2008年10月26日

迷宮15階。VS.スキュレー。

気が付けば、朝になっていた。
迷宮は時間がわかりづらくて困る。
疲れているのだろうか?
暫く、休息を取っていた私たちは、
銘々の装備をチェックしながら立ち上がった。

迷宮15階。
氷に覆い尽くされた、寒さの世界。

かじかむ手に息を吹きかけて、温める。
ガントレットを手入れしているアルケミストが、傍らにいる。
メディックは、なにやらバッグの中をごそごそやっている。
霜の付いた剣を丁寧にぬぐっているのは、ソードマン。
各自が、自分の役割をきちんとわかっている。
私も、弓の弦を点検した。
凍り付いて、引き絞った時に切れでもしたら大変だ。

この、大きな氷の湖の向こう。
そこに、氷姫スキュレーがいる。
恨みはない。
だけど、戦わなくてはならない。
これは私たち、迷宮の冒険者に与えられる試練。
他の冒険者に害を与える者。
迷宮探索の障害となる者。
それらは、排除される運命にある。
繰り返すけれど、恨みはない。
でも、それは私たちの使命。
(ごめんなさい。)
私は、アーテリンデに伝えられなかった言葉を呑み込む。

ピシリ、と鞭が呻った。
氷の固さを確認しているようだ。

「さて、出発しようか。」

そう言ったダークハンターは、
もう前しか向いていなかった。
私は、昼間でも薄明かりの冷たい世界を見渡した。
行こう。
正直、疲れは取れてないけれど。
でも、戦える。
だから、進む。
合図もなく、全員が氷上へと足を向けた。

滑る。
進む。
滑る。
方向を変える。
滑り進む。

そして、対峙する。
この階層の主、スキュレーと。
そして、無言で戦いは始まった。

君は続きを読んでも読まなくてもいい。
posted by @こまこ at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界樹の迷宮2(第3階層)日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月03日

15階、扉のその向こう。

エスバットの二人を倒した後。
ちょっと忙しくて迷宮探索している時間が無くて。
気付けば二ヶ月過ぎていた。
これはダメダメ過ぎるやろ?
なので戻ってきたワケで。
 
そして、すっかりイロイロ忘れてしまっているワケで。
・・・ブログ書いてて良かったよw(ぉ
 
さて。
二人組を倒した先の扉。
あの向こうに、氷姫が居るのだと思い込み、
体勢を整えるべく、宿屋に戻ったメンバー。
体力回復の後、磁軸から再び15階へ戻って気付く。
AM6:00。



氷、渡れんやん・・・orz



そうなのでした。
昼間は気温が高く、薄氷が張った場所は通れなかったのでした☆
では、夜までどうするか?
今のところ、クリア出来そうなクエストは持ってないし。
宿屋、泊まったばっかりだから、体力有り余ってるし。
しかし、魔界の邪竜ちゃんに挑むほどのレベルはないし。
仕方なく。
あちこち行ったり来たり・・・無意味すぎる☆
そうこうするうち。
ソードマンのレベルが上がったので、スキルをHPブーストに振ってみる。
ホラ、大将戦だとHP多い方がお得だしっあせあせ(飛び散る汗)


あれ?
そう言えば。
剣男は斧男にしたんじゃなかったっけ?


うぁぁぁぁぁ☆
AGIブーストに振る予定だったよ!!!!

ああ、そうでした。
斧持つと、スピードが著しく補正されて下がるんでしたバッド(下向き矢印)
ううう。
二ヶ月有ると、忘却の彼方だわぁぁぁぁ(もうやだ〜(悲しい顔)滝涙

そして。
バタバタしているうちにTPが尽きたので、一旦街まで戻って。
夜まで休息。
そして、再出発Go!Go!Go!!
ブースト溜まってないけど、1回目は様子見よねっ!?
意気揚々と扉を開けて。






・・・・道、続いてるしたらーっ(汗)







( ´;゚;ё;゚)・;'.、・;'.、ゴフッ!!
ああ神様。
扉の先は、迷宮が続いてました。
進めども、進めども、続く道。
そして襲い来る青色F.O.Eむかっ(怒り)パンチ

迷宮に再び朝が訪れようとしています(激涙;たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)
posted by @こまこ at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界樹の迷宮2(第3階層)日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

迷宮15階、過去に囚われし者達への鎮魂歌

15階。
ボス部屋へと続くであろう前室。
エスバットの二人と出会う。
そして、5ターンで全滅(涙;
 
・・・あんまりじゃない?
 
ので、埋まってないマップを埋めること優先。
そして。
ここで初めて、赤とオレンジのF.O.Eが違うコトに気付くexclamation×2exclamation×2
あり得ないよ、自分っ☆
赤いの、魔界の邪竜じゃんっ!
オレンジなら、勝てるっ☆
ってか、負けてどーするっ(`Д´)
やっと見分けが付くようになったので、邪竜ちゃんだけ避けて通る(笑;
ま、昼間は動かないしさっ。
 
テコテコ歩くパーティ。
途中、隠し通路から入った場所を歩くうち、
気付けば何だか奥深くに入ってしまっています。
そして。
マップで見えない紫F.O.Eに激突っ!!
ぅぁ。
白雪の魔神だって!
硬いっ!
ダメージ通りにくい・・・・って!?
待て待て待てっ。
乱入乱入乱入・・・・・5体も相手出来ませんてっ煤i ̄□ ̄;)
全力で逃げました・・・が、逃げ切れずに全滅。
仕方なく。
もう一回昇って下って、今度は当たらないよう細心の注意を払って進む。
そして辿り着いた小空間。
王の紋章・・・供えられた、凍り付いた花。
ああ、ここが王の墓なんだね。
氷王の眠る、聖なる場所。
一つ、クエスト終了しました。

で。
やっぱり行かなくちゃならない、あの場所へ。
ここで、ソードマンのスキルを振り直す。
そもそも剣男だと、カニとかゼラチン相手にも手こずるのよ☆
毎回チェイス使うには、TP足らないし(´・ω・`)
なので、雷鳴の斧装備できる斧男に変身。
もちろん剣スキルは残します。
これで、カニとか一応撃退できる。
3ターンぐらい、かかるケドたらーっ(汗)

・・・しかし。
斧男は遅い。
次はAGIブースト取ろう。うん。

そして、例の部屋へと向かう。
なまじフォース溜めようとか思って、ウロウロしたのが徒となり。
雪小僧相手にちまちま戦っていたら、
魔界の邪竜呼ばれてヽ(hage;)ノ
諦めて、もう一度やってきたものの、
やっぱりアーテリンデにフルボッコにされてヽ(hage;)ノ
 
むき。

やっぱ、フォース溜めないとダメだわ☆
決断。
ここで、アルケも休養&スキル振り直し。
三色取ってたんだけど、どれもイマイチダメージ叩けないので、
思い切って雷+核熱アルケへと変身。
核熱は一気に5振り。
Lvは下がったけど、戦力的には上がっているはず☆
TPブーストも5振ってるからねっ。

再々再戦。
まず、扉の前で幸運にもゼラチンと当たって、そこでフォース溜めに成功。
一気にカタを着けるべく突入!!!!!

斧男はフルゲイン。
弓子はサジ矢。
鞭男はオールボンテージをアーテリンデに叩き込み。
アルケは超核熱の術式。
医女殿には、通常攻撃・・・しか手がないw

で、これだけで沈まないのが、二人の凄いところ。
2階層のボスなら、1ターン撃沈ですよ☆

次のターン、アーテリンデは全縛りなので、何も出来ず。
ライシュッツは攻撃してくるけど、ここで斧男のカウンター発動。
ダクハンが、アーテリンデにエクスタシー一撃。
ライシュッツには、斧でパワーゲイン&核熱をお見舞い。
レンジャーのフォーススキルバグがなければなぁ・・・。
たぶん、ここでけりが付いたはず。

次のターン。
ライシュッツは既に沈んでいるので、
アーテリンデに総攻撃。
これで、終了。

や、強かったよエスバット。
過去の逸話は何度も聞いた。
氷姫の正体も聞いた。
でも、やっぱり倒さないとダメなの。
それが、上へ昇る条件ならね。

肩を落として去る二人に、
心の中でお辞儀をするメンバーなのでした。

氷姫の鎮魂歌、きっと謳ってあげるからね。

君は続きを読んでも、読まなくてもいい
posted by @こまこ at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界樹の迷宮2(第3階層)日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月24日

世界樹15F・命知らずの助手を救え!!

枯れゆく木を憂い、薬泉院で作られた薬。
その薬を持って、無謀な助手が世界樹へと赴いたそうな。
その助手を救うため、15階へ行って欲しいと言われたパーティ、
眉間にシワを寄せてしまいます。


・・・まだ、そこまで行ってないんだよなぁ☆


そして。
このクエストは、しばらく放置されていたのでした。
しかし。
どうしたって、15階は行かなければならない階。
ここのボスを倒さない限り、次の階層へ進めないお約束(笑;
14階にて、上へと昇る階段を見つけたメンバー、
深く考えずに15階へと到達してしまいました☆

そこで見た光景。
逃げまどう助手の少女。
少女を襲うべく動くキンギョ(違います;

たーいーあーたーりーーー!!!
果敢なパーティは、赤F.O.Eに体当たりします。
赤いおととは、それ程強くありません。
しかも、うちは雷強化パーティ。
キンギョ、恐るるに足らず!!!

あ?
コラコラ娘さんっ☆
奥へ逃げちゃだめだぉ!
マテ。
マテと言うのにwwwwww

逃げる助手、追うキンギョ、さらにキンギョを追うパーティ・・・・










・・・・・・・・・・・・











クエスト失敗らしいです(涙;あせあせ(飛び散る汗)


その後、数回試すものの、
どうしても倒しきれないF.O.Eが出て、
結局失敗になってしまうクエスト。


(・・・悩む・・・)


あ!


鈴があるじゃん♪


鈴を使って動けなくすればいいのよっ♪
そう考えた一同、さっそく鈴を買って再チャレンジです!

15階。
悲鳴を上げ、逃げまどう助手の少女。
追うキンギョ・・・・・・・・。。。


ちり〜〜〜ん♪


眠った2体を個別撃破。
ん?
まだ、いたはずだけど?
2、3歩動くと、3体目が出現。
それも撃破。
キンギョ、1ターンで終わるから( ̄ー ̄)ニヤリッ

木陰に隠れていた助手を救い出し、
話を聞くコトにする。
うーむ。
叱らないとダメかなぁ?
でも、今までF.O.Eに追われて逃げまどってたんだよなぁ。
無謀は戒めないとダメなんだけど・・・
ここは、怒らない方向で、話を聞いてみた。

かくかくしかじか。
事情を語る助手の言葉は熱い。
仕方ない、今回は赦してあげよう。
彼女が糸で街へ帰るのを見届けて、こちらも迷宮を後にしたのでした。

 
君は続きを読んでも読まなくてもいい
posted by @こまこ at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界樹の迷宮2(第3階層)日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

迷宮13・14F.石と酒と男と女。

アーテリンデ(と爺)の居た場所。
次に行けば誰もいない。
なので、先へ進んで13階への階段を見つける。

・・・やっぱりね。

しかし。
上がった先がまたツルツル滑る、氷の通路(涙;
アッチへ行って。
コッチへ行って。
ほ・ほ・F.O.Eさん来いっ♪

滑った先にそんなのいたら、泣くしかないしorz
ま、時軸の柱を見つけたので、よし(^-^)gとします。
これで、13階からのスタートが可能になりました。
む。
なんか、やたらF.O.Eが出るポイントがあるんですけどもーたらーっ(汗)
そこにいたら、乱入につぐ乱入で、疲労アウトになりそう☆
え?
もちろん逃げの一手ですよw
先へ進みたいのに、TP大量消費なんてヤだもんっ。

で、見つけた上への階段。
上がったら、キンギョに攻撃されたwwwwww

レッドフィッシュって、絶対キンギョやろ!?
しかも、コメットやろ?!
そーだ、そーに違いないっ☆
そして。
キンギョは雷に弱かったのでした(笑)
ふ。
雷アルケで正解♪
全体攻撃で一掃します( ̄O ̄)ノ

程なく石切場に着いたので、「樹海の石材」クエストは完了。
あと、酒場のおやぢ依頼「酒の眠る森」材料も揃えて完了。

採集系クエストが終わったので、ペットをメンツから外し、
ダクハンを呼び戻します。
バードとかドクトルとかカースメーカーとかガンナーとか、
イロイロ育てたいんだけどね。
取り敢えず、即戦力火力強化で、ダクハン。
それに、ダクハンは途中まで育ててたし。

さてと。
14階の残り探索を始めましょうか♪

続きを読む
posted by @こまこ at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界樹の迷宮2(第3階層)日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月18日

迷宮12F・氷の花を探せ!

てこてこ歩いて進むうち。
ある扉を開ける。
そこにいたのは、少女アーテリンデ。
この先は、ミッションをクリアしないと進めないとかで、追い返される(涙;

ち。

ミッションとは。
かの国王様のために「氷の花」を集めるヤツである。
しかし。
この氷の花、夜間にしか採れないたらーっ(汗)
更に言えば。
氷の花があるような場所にはF.O.Eむかっ(怒り)が待ちかまえている☆
昼間はF.O.Eが動かないので、探索は出来る。
しかし、花は夜にしか採れない。
うむむむむむむバッド(下向き矢印)

【対策】
昼間のうちに出来る限りマップを詰めておいて、F.O.Eの位置が確認出来るようにしておく。
夜になったら、タイミング測って、F.O.Eに当たらないように花の場所まで行く。
採取したら、術式とか糸とかで戻る。
これでオッケー♪

ふ。
4つ揃ったよわーい(嬉しい顔)
苦労したのは左上の扉中部屋のヤツ☆
ま、採れたからいいけど(笑)

いそいそ公宮へと赴いてみる。
すると・・・・。



キタ━━━━(公女様)━━━━ッ!!(笑)


直々に8000エンの報酬をいただく。
これで上の階に上がれるっ♪
踵を返すメンバーに、公女様がお声をかけて下さる。
・・・まだ何か?(心の声)
「諸王の聖杯」が空飛ぶ城の中心にあり、その聖杯にはいかなる病をも癒す力が備わっている・・・
厭な予感☆
「火トカゲの羽毛と氷花を聖杯に入れて調合」すると、薬が出来ると?
その聖杯。
見つけろってコトなのね〜( ̄◇ ̄;)ッグハ 

ここで、ようやくサブタイトルの「諸王の聖杯」が出ました。
フフフフフ( ̄ー ̄)ニヤリッ
上がってくるよ!!
その為の冒険ぢゃないかっ☆
先へも進めるようになったしねっ♪

きっとあの扉の先には、上階へ続く階段があるに違いないっ☆
さーて。
行ってくるかーーーexclamation×2
続きを読む
posted by @こまこ at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界樹の迷宮2(第3階層)日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月11日

12F・魔界の邪竜・・・ムリ!!

12階。
滑って進んでいるうちに。
気づけば、ついでに11階のマップもほぼ埋まり。
「狂乱の魔物」クエストを受け。
北西の一画にいるF.O.Eと敢えて遭遇。
ギリギリまで引きつけて、小部屋へ逃げ込む。
(「眠りの鈴」使用。)
なんかメッセージが出たので、クリアかと思って街へ帰還。
んんん???
クリアになってないじょ☆
むー。
もう一回、店とかで話を聞いてくるかと、街中を巡回。
公宮にて話を聞いたら、無事クリア。
ああ、そう言うコトだったのね〜(苦笑)

枠が1コあいたので、新たなクエストをもらいに酒場へ。
「樹海と魔物について」クエを一旦受けたものの、
図鑑登録が48と、50には届いてなかったので一旦破棄。
代わりに「樹海の石材を運べたら」クエを受けるコトにした。
往復して、石を運んでくればいいのね?
ま、まだクリアしてないクエが他にもあるので、
ボチボチ進めたいと思っていた。

で、12階のマップ作成の方が気になるし、ミッションも残っているので、そっちを優先。
ツルツル滑って進むうち。
バッタリ出会ってしまった赤いF.O.EΣ/´□`;\
出たのは「魔界の邪竜」。


・・・強っ!!!

そして硬っ!!!


殴って20。
斬って50。
雷落として60。
削っても削っても、与えるダメージが少ないので、長期戦に突入。
しかし。
被ダメは大きいorz
一撃で、一人沈む(涙;
一人、蘇生専用。
一人、回復専任。
ますます与えるダメージが少なくなる。
ギリギリまで粘ったけど、コレはダメだと一旦リセット。




・・・・・・ムリ。



今の段階で、フォーススキル使わずに倒すの、ムリ!!!
なので、コレは後回し。
先に進みたいんだけど、この赤F.O.Eってば、
各要所に居座ってて、どうにか対処しないと進めないんだわ☆
むー。
どうするかなぁ。

ここはやっぱり。






・・・他のクエスト片付けてから、考えよう(ぉ




今日も樹海は冒険で満ちてます(笑)

【データ/PT平均Lv.33】
posted by @こまこ at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界樹の迷宮2(第3階層)日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月10日

12階・氷だらけの滑る場所

11階を探索中。
なんとなく、上へ向かう階段に行き当たり。
11階の探索途中にも拘わらず、
12階へと突入してみた。
 
衛士が凍えながら寄ってくる。
氷花を探しているらしい。
魔物が怖いから、昼間だけの探索だけど、見つからないとかw
ほほーぅ。
いいヒントキャラだ(ぉ
つまり。
氷花を探すのは夜なわけだね♪
では!(一歩踏み出す)


 
・・・・・むきゃああああ☆
 


滑る。
滑る。
ドコまでも、滑る床w
ココはドコ?
私はどこ?
オートマップじゃなかったら、すっかり迷子だ☆
ま、あちこち滑って移動すればいいだけなので、楽と言えば楽。
そう考えるコトにする(笑)
あれだ、1の時の枯レ森流砂と思えば、大した問題じゃないさ♪
むしろ、向きがないだけ楽かもw
 
問題は、アレだ。



蟹。



突き攻撃か雷か。
どっちか無いと非常に倒しにくいヤツ。
ふ。
今回も出たかw
しかぁし!
雷アルケの本領発揮さっ♪
大雷光の術式はマスター済み。(Lv.1)
何匹出ても、雷の餌食さっ( ̄ー ̄)ニヤリッ
TP足らなくなりそうだけど( ̄◇ ̄;)ッグハ
 
今回メンバーを入れ換えて、
騎士様からダクハンへ切り換えてみました。
雪層なので、フレイムウイップ装備。
炎属性に弱い相手をなぎ払います☆
しかし。
LVが20と、まだひ弱。
少し鍛え上げて、上階へ進んだ折には、
是非とも活躍して欲しい(笑)

11階マップを埋めつつ、12階も探索している現在です☆



posted by @こまこ at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界樹の迷宮2(第3階層)日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月05日

迷宮11階・雪道をキュッキュと踏みしめて。

階段を昇ると、そこは雪国雪でした・・・。
 
 
 
そーよねぇ☆
普通に考えて、夏の新緑秋の紅葉と来たら、次は冬の雪景色よねぇ。
そんなコトに思い至らなかった自分を、ちょっぴし責めながら歩く雪道。
歩く音まで違うよw
 
途中で人影ってゆーか、動く陰を見たような気がするけれど。
華麗にスルーしてしまったorz
イベント一個見落としちゃったぜ(涙目;
ま、雪降ってるしな。
気付かなかったんだよきっと、うん。
 
あああああ青F.O.Eがいるよ!!!
当たってみたよ!!
つぇぇぇぇ☆
2階層の青F.O.Eは拍子抜けしたんだけど、コレは強ぇぇぇ☆
『飛来する黒影』。
何とか勝ったけど。
勝ったけど。
TPすっかり無くなったし、負傷したし。
ってか一人蘇生したし。
コイツはもう少しレベルが上がるまで保留だわ☆
って!
見えない位置から湧いて出るし!!!!!!!!!!
ぅーゎー(激涙;
何とか勝った。
これはムリ!
これ以上探索はムリ!
装備整え直して、出直してくるぅぅぅぅ(。´Д⊂)グス
 
さて一旦街へ戻ったパーティ。
クエストやら何やら、イロイロこなす算段をします。
一番やっかいなのは、酒場のオヤジの依頼。
なーんか、依頼のブツが集まらないのよねぇたらーっ(汗)
マップを眺めつつ、ふと思い出す。
10Fに、特定の職業を連れてないと行けない場所があったのを。
おそらく。
必要なのはバードとダークハンター。
ダクハンはLv20のヤツがいるから、
ちょっとレベル足らないけど他のメンツで何とかなるだろうと、
2階層へ逆戻り。
もちろん10階の、時軸の柱から。

着いてダクハンが一言。
「全員はむりぽ」
「はぁ?」
困惑のメンバーをよそに、言い放つ。
「鞭で5人はムリだぉ。せめて3人にするだぉ。」
「誰が重いのよっっむかっ(怒り)
「いててて、そんなコトは一言も言ってないだも☆」
なーんて、ムカツク会話があったかどうかは知りませんが、
とにかくパーティメンツ減らして、
3人パーティで来なくてはいけないようです。
しかし。
ムリ。
このダクハン連れての3人パーティは、今の状態ではムリ。
なので、レベルを上げつつ進もうとか、そんな話をしていたら。
なんだか10階がサウロポセイドンだらけになっています。

戦う相手戦う相手、毎回サウスポセイドン絡み。
ヤツって、全体攻撃するからヤなんだよなぁ☆
しかもお荷物ダクハン、一撃で沈んでしまいます。
うーみゅ。
選択を誤ったか( ̄◇ ̄;)ッグハ
かと言って。
バードのLvは3。
ダクハンどころではありません。
キノコにぶたれて逝っちゃいます。。。
( ´;゚;ё;゚)・;'.、・;'.、ゴフッ!!
それはあんまりなので。
ひとまずアイテム持ちきれなくなったし、
また街まで戻って、対策を練るコトにしましょうw


posted by @こまこ at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界樹の迷宮2(第3階層)日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。